第16回定期演奏会:東京室内声楽アンサンブル

公演名 第16回定期演奏会
よみがな だい16かいていきえんそうかい
公演日 2011年11月03日
合唱団名 東京室内声楽アンサンブル
よみがな とうきょうしつないせいがくあんさんぶる
指揮者 金井 敬
チケット代 有料
公演の概要 バロック音楽の名曲「四季」の作曲者として有名なA.ヴィヴァルディ(1678-1741)。イタリア・ヴェネツィア生まれの彼は、当時ヨーロッパ中に名声を轟かせJ.Sバッハにも大きな影響を与えました。
 ヴィヴァルディ没270年にあたる今回は、彼らしい様式美溢れる「Gloria」RV589を、その序章「Ostro picta,armata spina」RV642と共に、更に、本邦初演となる「Dixit Dominus」RV807、ヴァイオリン協奏曲「調和の霊感」より他、ヴィヴァルディの魅力をお楽しみください。中でも「Dixit Dominus」RV807は、2005年に彼の作曲であることが分かり「この75年間で最も重要な発見」と言われている曲です。
 ヴェネツィアを訪れ感じるのは、光と影、そして静寂さ。ヴィヴァルディはヴェネツィアの光、薫り、音や色も描いてるようにも感じている最近です。18世紀のヴェネツィアとヴィヴァルディの世界に想いを馳せて...。心よりお待ちしております。

<出演者>
 ヴァイオリン:西和田ゆう 
 ソプラノ:鈴木美登里、広瀬奈緒
 アルト :上杉清仁
 テノール:谷口洋介
 バス  :浦野智行
 合唱  :東京室内声楽アンサンブル
 オルガン:前川陽子
 演奏  :東京セントラルフィルハーモニー管弦楽団
 指揮  :金井 敬

<チケット>  全席自由席4500円(税込)

<チケット取り扱い>
  東京室内声楽アンサンブル

<お問い合わせ>
 Tel 090-9005-3191(高戸)
演奏曲名等 【オールA.Vivaldiプログラム】
★深紅色で描かれた女ニ長調/Ostro picta, armata spina D-Dur RV642
★グローリアニ長調/Gloria D-Dur RV589
★わが心、主をあがめト短調/Magnificat g-moll RV610
★主は言われたニ長調/Dixit Dominus D-Dur RV807 本邦初演!
★ヴァイオリン協奏曲イ短調「調和の霊感」作品3-6,3-3
会場 東京都
大田区民ホール・アプリコ 大ホール

参加しての感想

その他のコメント